千葉 茨城で注文住宅を建てるなら安全性とアフターとデザイン重視のマツシタホームの施工例
<< 北海道の断熱基準値をクリアした静かで暖かな家 | TOP |
20代夫婦が建てた省エネで快適な住まい

「子どもたちがのびのび過ごせる家を」
その思いで一念発起!
20代で建てた大満足の住まい

 

 

 

 

 
   

 

 

続きを読むをクリックしてください!!  
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※それぞれの写真をクリックすると大きくなります

 

 

 

大きな窓からたっぷり光が入るリビング。

3方向に窓を設けているので、風通しも抜群。

取材した当日は、真夏の8月だったが、

窓を開ければ自然に風が流れて

クーラーも必要ないほど!
カウンターキッチンは調理中の手元が隠れるタイプ。

「生活感を出来る限り出したくない」という奥様の

ご希望。冷蔵庫横のドアから、洗面、バスルームへと

繋がる家事動線も使いやすい。
シンプルなインテリアはご夫婦共通の希望。


 スタイリッシュな黒のキッチンでホテルライクなイメージ。

 正面の小窓から光が入り、とても明るい。
2階ホールには大きな窓。

1階に物干しルームを設けているが、ここにも

たっぷり洗濯物が干せる。

奥行きのあるバルコニーは、布団を干す時も

使いやすいそう
玄関正面には外壁と同じタイルを貼って仕上げ

間接照明を入れてフォーカルポイントに

 


5.10kWの太陽光発電を搭載したエコ住宅。

利用した電力分を引いて、さらに余剰分でプラスが出るほど!

高機能・高耐久なタイル外壁は、

メンテナンスフリーで美しさが続き

住宅の維持費で一番かかるとされる

外壁の再塗装の必要を低減。

建てた後の費用を徹底的に抑える住まいだ。
 

家づくりのきっかけ

子どもが小学校に入る前に家を建てようと決意しました。


マツシタホームの決め手

とりあえず住宅展示場に行ってみよう!と、総合展示場に行き、色々な会社を見たのですが、自分たちが若すぎて、あまり相手にしてくれない会社も多かったんです。
でも、マツシタホームでは社長さん自らが「20代で家づくりを考えるなんて素晴らしい!ぜひ、お手伝いさせてください」と言ってくれて。嬉しかったし、信頼できると思いました。

 

マツシタホームからの提案

家を建てたい!と勇んで展示場に行ったものの、どんな家に住みたいか?と言われると、ぼんやりとしていて具体的にイメージできませんでした。でも、マツシタホームさんの丁寧な説明で「家の基本性能の差は、住み続けるほどに大きくなる」と理解できました。断熱性能が劣ると、それだけ冷暖房費がかかるし、照明や水道など毎日だとちょっとしたことでも、機能がちがうと10年20年後には驚くほどの差が生まれることなどを、具体的な数値で説明してもらいました。、それまで「安ければそれでいい」という考えから、「長くおトクに住み続けられる家に」とかわりました。
太陽光発電システムも、以前は考えていませんでしたが、これも「長くおトクに住み続けるなら」と考えて搭載することにきめました。


家づくりの感想
とにかく、松下社長が熱心で、こちらの希望をすぐにわかってくれるので安心でした。シンプルモダンなデザインも、私達夫婦の好みにピッタリです。
子どもたちが元気いっぱいに走り回っている姿を見ると「家を建ててよかったなぁ」と心から思います。


 

| 17:48 | - | - | - |

Search this site