千葉 茨城で注文住宅を建てるなら安全性とアフターとデザイン重視のマツシタホームの施工例
<< お子さんが走り回っても平気!ストレスフリーで快適な家 | TOP | 暮らし始めてからかかる費用を徹底重視した家 >>
「暮らしのイメージがパッと浮かんだ」のが決め手の省エネ住宅

展示場に入った瞬間に
パッと暮らしのイメージが浮かんだ
暖かくて省エネな住まい

 

 

続きを読むをクリックしてください!!  
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 折り上げ天井やふかした壁にそって

間接照明を多用してホテルライクな空間に
 

 キッチン奥に洗面とバスルームをまとめた家事楽動線
 

 大きな窓を2方向に設けて明るい室内に。

 リビングの床には置き畳をおいて寛ぎのスペースに
 

無垢材をたっぷり使った落ち着いたリビング


 

正方形の畳でモダンイメージでまとめた和室

床の間の家は、以前の家で使われていた部材を

思い出と共に再利用
 

主寝室と廊下の2方向から出入り可能なウォークインクロゼット。

当初、廊下側に扉を設けるつもりはなかったが、スタッフから

「2方向から入れると家族みんなで使えますよ」と提案されたものだが

コレが大正解。「寝ている寝室を通らずに服が出し入れ出来て便利です」
 

ウォークインクローゼットの奥には、隠れ家のような書斎スペース
 

玄関にも収納をたっぷり設けた
 

モデルハウスで見た玄関収納を参考に

無垢材の美しさを活かした。

地窓からの明かりと間接照明が

美しく照らす
 

太陽光発電システム6.3kW搭載したエコ住宅。外壁のタイルは、エスティエモデルハウスを参考にした正方形のナノ親水タイル。雨で汚れが自然に落ちる機能性で美しさが手間いらずで続くのが魅力。

 

家づくりのきっかけ
前の家が、築50年以上経ちとにかく寒かったんです。ストーブ付けてさらにエアコンをつけても寒い(笑)子どもたちも大きくなるし、建て替えるならこのタイミングかなと決意しました。

 

マツシタホームを知ったきっかけ

名前はしっていましたが、どんな家を建てるのかまでは知らなかったので、展示場を訪ねて知りました。

 

マツシタホームの決め手

建て替えを決めてから、大手ハウスメーカーさんや地場工務店まで色々な展示場を見ました。
色々見たなかで、マツシタホームの「エスティエ」モデルハウスは、入った瞬間から暖かくて驚きました。家の大きさや間取りも使いやすそうで、家の中に入るところから自分たちが暮らしているイメージが「パッ」と思い浮かんだのが決め手になりました。他のモデルハウスは、普通で物足りなかったり、逆に派手で落ち着かない感じがあったんですが、エスティエモデルはとても和みやすく、まさに「ちょうどいい!」家。こんな家が建てたい!と思いました。

 

家づくりのこだわり

外観デザインは、エスティエがすごく気に入ったので、モデルハウスと同じ正方形のタイルを使ってモダンなイメージにしてもらいました。内装は、平屋の「鹿島住宅公園展示場」の、木のぬくもりがあるインテリアがステキだったので、2つの展示場のイイとこどりでプランニングしてもらいました。。

 

 

暮らし始めてからの感想

とにかく暖かくて、光熱費が安い家で驚きます。ひっこした当時、前と同じ感覚でエアコンをつけていたら暑くてびっくりしました(笑)太陽光発電システムとオール電化のおかげで、ガス料金が必要なくて、前の年の同じ時期より5000円くらい電気代が安くて本当に驚きました。
、マツシタホームのスタッフさんから「クローゼットの中にもコンセントがあると便利ですよ」と提案してもらいつけたのですが、これが本当に便利です。同居している母も「前の家を壊すときは悲しかったけど、とっても暖かくて快適。IHの温度調節が難しいけれど、火事の心配もないし、掃除も楽だわ」と喜んでいるので家を建てて本当によかったなと思っています。

 


 

| 16:43 | - | - | - |

Search this site