千葉 茨城で注文住宅を建てるなら安全性とアフターとデザイン重視のマツシタホームの施工例
<< 真夏のキッチンも「暑くない!」。家事も子育ても楽々な住まい | TOP |
「平屋っていいな」。漠然とした憧れをカタチにした快適平屋暮らし

頭金を貯めるより、光熱費が安くなるほうが得!?
シミュレーションで決断して大正解。
省エネで暮らしやすい大満足の平屋住宅
 

 

 

 

続きを読むをクリックしてください!!  
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな窓からたっぷり光が入る19帖のLDK。

床は無垢フローリング。天井も木調でしあげた。


高い勾配天井がより広がりを感じさせてくれる空間。

テレビボードは造作

収納力抜群のシステムキッチンと背面のカップボードは標準仕様。

キッチンと繋がるパントリーは、買い置きの食品や日用品などをしっかり収納できる。

パントリーを抜けると廊下。さらに洗面・バスルームとつながる回遊動線が便利!


小屋裏へとつながる階段は、しっかりしたものを。

「梯子じゃないので、モノをもって上がり下りするときも安心です」。
小屋裏収納はゆとりの5.8帖。季節外のものを色々収納できて便利。
正方形の畳でモダンな雰囲気の和室
5.3帖と6帖の洋室は子供部屋。

将来真ん中を区切ることができるようドアを2つ。。

天然石をあしらった玄関は格調高い雰囲気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.35kWの太陽光発電システムを搭載したエコな平屋。

外壁は総タイル貼り。

正方形のタイルと同じく、正方形の窓を並べて

外観のアクセントに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■家を建てようと思ったきっかけ
子どもが生まれるまでアパート暮らしだったので、やっぱり狭いかなぁと思い始めて。「でも、頭金もまだ貯まってないし。難しいかも」と思いながら、モデルハウスに行ってみたのがきっかけでした

 

■マツシタホームを知ったきっかけ
「家を建てるなら平屋がいいな」と、なんとなく考えて総合展示場に行ってみたところ、あまり平屋のモデルハウスはなくて。マツシタホームさんの平屋の展示場を見て「あった!」ってうれしくなりました。

 

■マツシタホームの決め手
平屋の展示場を見て、すごく気に入ったんです。母も同居ですし、子どもが小さいので、安心して暮らせるというのが一番よかったです。年を取ったら二階の上がり下りも大変だし。それまで漠然と考えていた平屋だったのですが「平屋じゃないとダメだ」って思いました(笑)。見学したモデルハウスの無垢材を使ったナチュラルな雰囲気も気に入りました。
しかし、家づくりは、まだまだ先の事だと思っていたので、頭金もないし土地もない状態だったんです。
マツシタホームさんが光熱費のシミュレーションを見せてくれたんですが、太陽光発電と、マツシタホームの省エネな家であれば、頭金が思ったより少なくても、家が建てられるなと分かって。

そうすると、「長く賃貸アパートに住むほど損なのでは?頭金を貯めるより、光熱費が安くなるほうが早い」と思って。土地探しからトータルで予算内に収まるようお手伝いしますよと言ってくれて。全部、数値でわかりやすく説明してもらい、納得できたのでお任せすることにしたんです。

 

■マツシタホームからの提案
松下社長が土地探しから一緒に回ってくれて「この土地だったら、こちらにリビングがきて、ここが玄関で、こんな感じの家になりますよ」と、その場で説明してくれたのがすごくわかりやすかったです。色々な土地をまわって、全部納得してから、土地からプランまでお任せできたので安心感がありました。

 

■実際の住み心地
平屋の住み心地は想像以上に快適です。家の中に行き止まりのない回遊動線で家事もとっても楽です。室内犬がいるので、冷房をずっとつけているのですが、以前のアパートに比べて広くなったのに電気代が安いのに驚きです。太陽光発電の売電もあるので、本当に安い。オール電化でガス代がいらなくなったのも大きいですね。光熱費がグンと安くなったので、アパート暮らしの賃貸料に多少プラスするくらいで、ローンを払っていくのも負担が少ないです。何より、家の中が隅々まで快適で「家を建てて本当によかったな」って実感できるのが一番うれしいです。

 

| 23:50 | - | - | - |

Search this site