千葉 茨城で注文住宅を建てるなら安全性とアフターとデザイン重視のマツシタホームの施工例
<< 「平屋っていいな」。漠然とした憧れをカタチにした快適平屋暮らし | TOP | 西海岸のカフェみたい!スタイリッシュな黒の平屋 >>
アジアンモダンな雰囲気でリゾートの寛ぎを感じられる住まい

バリのリゾートホテルのような

毎日、リラックスして過ごせる

アジアンモダンな住まい
 


 

 

続きを読むをクリックしてください!!  
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

間接照明を多用したモダンイメージのリビング。

2階の渡り廊下は「展示場で見て気に入ったので取り入れました」とIさん。
キッチンの前は、小上がりの畳コーナー。

家族みんなで食卓を囲むためのスペースや

お子さんの遊び場として利用。

「調理中も子供の様子がわかるので安心です」と奥さま。
リビングの壁幅いっぱいにオーディオボードを造作。

ふかし壁を生かして、飾り棚も設けた。

「真っ白な壁だと味気ないなと思ったので、アクセントに本来は外壁に使う

天然石調のタイルを貼って仕上げてもらいました。

上の窓から光が落ちると陰影が綺麗なんです」とIさん。


キッチンはゴミ箱までスッキリ収まる機能的な設計。

収納もたっぷり設けて、生活感を抑えた
2階寝室の壁にはバリのレリーフを埋め込んだ
寝室のクローゼットの奥には、

隠れ家のようなご主人の書斎。

さらに、屋根裏収納へと繋がる。
アジアンリゾートの雰囲気を活かした

サニタリースペース。

狭いスペースだからこそ遊びココロのある演出を
玄関入って正面の壁にも

バリのレリーフを埋め込んだ。


道に面した壁には、小さな窓を

シンメトリーに並べてアクセントに。

白と茶色を使ってモダンなイメージに仕上げた

総タイル貼りの外観
 

■家を建てようとしたきっかけ

会社の同世代が、次々と家を建て始めて「うちもそろそろなのかも」と思い始めたのがきっかけです。

社宅でまわりが、どんどん家を建てて出ていくので、やや焦りもありました(笑)。

勢いみたいなところもあり、家づくりをスタートしました。

 

■マツシタホームを知ったきっかけ

実は、以前にも一度、家づくりを考えた時期があって。その時、展示場の見学に行ったことがあり、

その時に知りました。

 

■マツシタホームの決め手

マツシタホームさんに決定する前に、とにかく色々な会社の展示場をたくさんみました。

長野に本社がある会社の工場見学にも参加したくらい(笑)。

最初は、企画住宅でもいいかなと思っていたのですが、色々見ていくうちに

「世界にひとつ、オンリーワンの家づくりがしたい」と思うようになりました。

そんな中で、色々な会社が「コレはちょっと無理ですね」という中、

マツシタホームさんは「できません」とは一回も言われなかったんです。

社長さんの熱意もすごくて、きっといい家を建ててくれる!と確信できたのが一番の決め手ですね。

 

■マツシタホームからの提案

窓の配置など、プロの視点から提案してもらいました。

家の性能を、とことん数値で説明してくれるのもよかったです。

とくに光熱費の説明はわかいりゃすかったですね。

 

 

■実際の住心地

「バリのリゾートホテルの雰囲気にしたい」とお願いして、床の色や照明などマツシタホームさんの担当者さんと

一緒に色々試行錯誤して家を創り上げました。

隅々まで希望どおりで、本当にリラックスできる雰囲気です。

間接照明が美しいので、夜の雰囲気がとってもいいんです。

今、バリの職人さんに家具を注文していて、本当はそれが揃ってから写真を撮ってもらいたかったんですけど(笑)

やっぱり気に入った家だから、家具にも、とことんこだわりたくなりました。

毎日がリゾート気分で過ごせるのが、本当によいですね。

 

 

 

| 00:00 | - | - | - |

Search this site