千葉 茨城で注文住宅を建てるなら安全性とアフターとデザイン重視のマツシタホームの施工例
<< アジアンモダンな雰囲気でリゾートの寛ぎを感じられる住まい | TOP |
西海岸のカフェみたい!スタイリッシュな黒の平屋

無垢オーク材の床と平屋とは思えない高い天井

アクセントカラーのネイビーブルー

黒い外壁もカフェみたいな平屋

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読むをクリックしてください!!  
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

高い勾配天井に太い化粧梁がアクセント。

より広がりが感じられるリビング。床は無垢オーク材のヘリボーン。

「SNSで見た床が素敵だったので『せっかく注文住宅を建てるのだから!』

と奮発しました。出来上がりを見てやってよかったなと大満足です」
朝食や将来お子さんがここで勉強できるように、

キッチンにはカウンターを設けた
キッチン前にはウッドデッキを設ける予定。

そのため、ウッドデッキを収めるため、

建物に凹みを設けている
キッチンの横には小さな和室。

洗濯物を畳んだり、

お子さんの遊び場やお昼寝スペースなど多目的に使う空間。
高い勾配天井が、実際以上の広がりを感じさせてくれるリビング。

「紺色がテーマカラーなので、必死で探して入れてもらった」

というこだわりの扉
アイランドキッチンの奥に見える扉から廊下へ続く。

先に、5.3畳の子ども部屋が2つと8畳の洋室がある。

個室からは、キッチンを必ず通る動線になっている
照明やタイル貼りの壁、飾りながら収納できる棚など

西海岸のカフェのようなイメージでまとめた
トイレは将来を考えて広めに

鮮やかなブルーを使って
リビング上部には7.3畳のロフトスペース
玄関収納の上にも窓を設けて光を取り入れる工夫
ここにはウッドデッキを取り付ける予定。

軒下にも木を使って。黒と木の組み合わせが

スタイリッシュ
玄関は建物に凹を作って収めた

黒い外壁に木目がアクセント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒でまとめたスタイリッシュなデザインの平屋。

日当たりのよい敷地を生かして、9.9kWの

太陽光発電を搭載した創エネ住宅でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

■家を建てようと思ったきっかけ

子どもが生まれてアパートでは手狭に感じて。家賃が7万くらいだったので、それに少しプラスすれば、自分たちの家が建てられるんじゃないか!と考えて家づくりをスタートしました。

 

■マツシタホームを知ったきっかけ

会社の同僚や先輩、知人などマツシタホームで建てている人が多かったので知っていました。

看板も大きく目立つので、ちょっと展示場を見てみようかなと思いました。

 

■マツシタホームの決め手

大手ハウスメーカーの展示場も色々行って、最終的に7社くらいの中から

マツシタホームさんを選んだ理由は、性能とコストのバランスがよかったから。

家を建てようと思ってから、色々な工法を自分たちなりに調べて

こんな設備や機能がほしいなど希望をあげていったところ、

他社だとオプションになるものも、だいたい標準仕様でした。

家の性能の良さは、色々な人から聞いていたので、マツシタホームさんを選びました。

 

■マツシタホームからの提案

建てたあとにかかる費用を丁寧に説明してもらった結果、

出来る限り太陽光発電を乗せることにしました。

晴れた日が楽しみになりました。

 

■こだわったポイント

最初は普通の2階建てを考えてしましたが、「実家にいた頃そんなに2階を使ったかなぁ?」と思い始めて。

思い切って平屋の家にしよう!と決断したのですが、これが大正解でした。

すべての作業がワンフロアで終わるので、生活動線がスムーズですね。

こだわったのは、床です。最初は、ここまでインテリアにこだわると自分でも思っていなかったのですが

インスタグラムなどを眺めているうちに、カフェみたいな寛げるインテリアにしたいなと思いました。

床は正直、高くなりましたが(笑)憧れの無垢オーク材のヘリンボーンの仕上がりに大満足です。

高い天井と見せ梁も気に入っています。

 

| 22:11 | - | - | - |

Search this site