千葉 茨城で注文住宅を建てるなら安全性とアフターとデザイン重視のマツシタホームの施工例
<< 西海岸のカフェみたい!スタイリッシュな黒の平屋 | TOP |
人もペットも快適に暮らせる。全館空調付きの平屋

家中どこも暖かで綺麗な空気

e-Air全館空調で

人もペットも快適に!

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読むをクリックしてください!!  
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



広々としたリビングの壁には

大好きなお酒を飾りながら収納。

仕切りのない大空間だが

e-Air全館空調のおかげで隅々まで快適
キッチンカウンターは調理中の手元が見えないように

少し高めのものをセレクト
リビングとダイニングキッチンの間は

段差を設けることでゾーニング
料理が大好きという施主自ら

使いやすいようにプランニングしたキッチン
太陽光発電システムも搭載した

オール電化住宅だが、パン作りのために

専用のガスオーブンを設置
「スッキリした家が希望でした」というYさん。

収納スペースも、ご覧のとおりの綺麗さ


洗面と洗濯室と脱衣スペースをひとつに。

「洗濯して、干して、アイロンかけて収納まで

このスペースだけで終わる動線にしたかった」

というYさんの希望でプランニング


洗面台はデスクタイプに。

大型の鏡と明るいLEDを設置して

お化粧もここで

「顔を洗って化粧して、すぐに手も洗えて

すごく便利です。お風呂上がりも、すぐに

化粧水がつけられる。モノが散らからないので

とても便利です」とYさん
自宅でリラクゼーションサロンを開業しているため

トイレはお客様も共用。

なるべく生活感のないホテルライクなイメージでまとめた
「猫たちが気持ちよく過ごせる家を建てたい」

と家づくりをスタートしたYさん。

猫専用の部屋も用意して、

「猫カフェみたいな部屋になって満足です」
自宅でリラクゼーションサロンを開業するのも

夢だったYさん。玄関から独立した動線でつながる

部屋をサロン用に。トイレはサロン右手にある

ドアから。LDKを通らずに繋がる動線。
玄関には大型の収納スペースを設置。

靴はもちろん、ダンナ様の趣味の

釣具やアウトドア用品などもココへ
写真左手にサロンへと繋がるドアがある。

玄関すぐ横のドアは収納スペースへ繋がる


総タイル貼りの外観。

白いタイルと茶色でまとめて

シンプルモダンなイメージに
太陽光発電システムを6.66kW搭載した

平屋住宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■家を建てようと思ったきっかけ

アパートに住んでいて、家はいつかは欲しいけどまだまだ先だなーと思っていました。

でも、猫を1匹飼い始めたら「なんだか家が狭いような」と感じ始めて(笑)

考えてみれば、アパートの更新料を払い続けるのも勿体ないし…とぼんやりは考えていました。

 

■マツシタホームを知ったきっかけ

マツシタホームさんの本社が以前の家の近くだったので知ってました。

でも、まだ具体的に何にも考えてなかったんです。

夏の暑い日に、涼んでいこうかな ぐらいの気持ちでモデルハウスを見学して

すごく気に入ったのが最初ですね。

 

■マツシタホームの決め手

住まいに対する考え方にすごく共感できました。

できるだけ品質の良いものを長く使いたいという考えなので

マツシタホームさんの「予めスペックの高いものを使う」という家づくり理念に共感できましたし

社長が最初から「家を建てた後」のことをしっかり説明してくれたのもすごく良かったです。

もともと、猫のために24時間エアコンは可動していたので、省エネで光熱費が削減できる家というのも

とても気に入りました。

「この人だったら任せてもいいかな」と、建てる気はなかったけど決めました(笑)

 

■マツシタホームからの提案

お任せしておいて、後から「ここが嫌だ」というのは嫌だったので、

かなり自分で提案し考えました。家づくりを進めていく途中で

「e-Air全館空調」という新商品が出ると聞いて、それを採用するまで少し待ちました。

家全体がちょうどいい温度で保たれるというのは、すごく理想でした。

エアコンのフィルターを一部屋づつ掃除するというのは面倒だけど

全館空調は小屋裏のエアコン一台を掃除すればいいですし、

そもそもクリーンルームになっているので汚れにくい。

すごく便利で、本当に快適で気に入っています。

 

■こだわったポイント

細かいところまで相当こだわったので担当の方は大変だったかと思いますが

置く家具の図面も渡してお願いしました。

モノを出したくない、スッキリしまいたい。という希望がかなって大満足です。

床は猫のための滑りにくい無垢材を。

全館空調の床暖房だから、床材の種類を選ばないのもよかったです。

上下の移動が無駄なので平屋にしました。

とにかく、無駄なく合理的に!をポリシーにした家づくりの結果

本当に快適な住まいが出来上がり嬉しいです

 

 

 

 

| 00:05 | - | - | - |

Search this site