千葉 茨城で注文住宅を建てるなら安全性とアフターとデザイン重視のマツシタホームの施工例
<< 気兼ね要らずの分離型二世帯住宅 | TOP | 住む人のライフスタイルを大切にした家 >>
パティオ(中庭)のある南欧風の家
パティオ01まるで外国映画に出てくる家のような
南欧風の佇まい。プライバシーを確保した
開放的なパティオ(中庭のある家)
※各写真をクリックすると大きな画面で
ごらんいただけます(携帯電話をのぞく)

※記事の「続きを読む」をクリックして室内写真もご覧いただけます

 

パティオ04窓と窓との間にピッタリ収まるよう造作されたテレビボード後の赤がスタイリッシュなアクセントになっている。リビングの天井は折り上げやキッチン手前の天井のアール、さりげなく視線をカットするスリット壁など細かな部分まで丁寧にデザインされている。床は木製床を大理石調に表面加工したもの。大理石の高級感と木の温もりの両方を楽しめる。
パティオ05ダイニングからリビング、和室を見る。対面式のキッチンは、窓の外の緑を眺めたり、家族と会話をしながら料理ができる。
パティオ06IHクッキングヒーターや食器洗乾燥機など必要なものすべてが
備わった標準仕様のキッチン。「使いやすくて大満足です」と奥様もお気に入り。
パティオ07リビングとひと続きになった和室は、正方形の畳でモダンな雰囲気に。正面の棚には五月人形などを飾る予定だそうだ。
パティオ08アールの壁とブラケット照明がポイントの玄関ホール。玄関脇には収納力タップリのシュークロークを設置。
パティオ03家族の時間を思う存分楽しめるパティオは奥様が絶対に欲しかったスペース。目隠し壁を高くしたことで周囲の視線はまったく気にならない。壁には擦りガラスを入りの窓を設けて明るさもアップ。
パティオ02玄関へ続くアプローチもレンガとタイルで南欧風に。雰囲気にピッタリのドアは標準仕様のもの。


タイルや石貼りなどを組み合わせた南欧風の外観が庭の緑に映えるHさんの住まいは、まるで外国映画に登場する家のよう。奥様は昔から、「家を建てるなら絶対南欧風」と決めていたそうだ。
一方、ご主人が住まいに求めるのは「安全性と機能性」。
ご主人の会社で「標準設備が充実していて、安全性と機能性が高い」と口コミで評価が高かったマツシタホームに依頼することに。
依頼を受けたマツシタホームでは、奥様の希望を叶えるため、タイルを使ってフェイクのチムニー(煙突)を。さらに窓の外にも同じくフェイクでルーバー窓も設置。ブリックタイルやフラワーバルコニーなど、南欧のテイスト満載の外観に仕上げた。
マツシタホームの機能性や安全性には安心していたが、「自分が思うとおりの外観が出来なかったらどうしよう」と、とても不安だったそうだが、この出来上がりを見て大感激。
また、暮らし始めてから「あれもついてる、こんな機能もあるんだ」など、機能性の高さをあらためて実感。「こんなに便利で、しかも光熱費も安くて。本当に大満足です」と笑顔のHさんご一家だ
| 00:00 | European | - | - |

Search this site