千葉 茨城で注文住宅を建てるなら安全性とアフターとデザイン重視のマツシタホームの施工例
<< 凛とした風格のある二世帯住宅 | TOP | 収納たっぷりで、光熱費も安い、エコロジーな家 >>
「人生の証となる家を」。その希望を叶えた美しい邸宅
 
「夫婦で力を合わせて頑張ってきた
その証になるような家を建てたい」
その希望を叶えた堂々たる平屋の邸宅








※各写真をクリックすると大きな画面でごらんいただけます
※記事の「続きを読む」をクリックして室内写真もご覧いただけます
 !!続きを読むをクリック!!


平屋とは思えない天井高6mのリビングルーム。
ハイサイドウィンドウからので室内はつねに明るい。
幅8mのテレビボードの後には天然石を貼って。
大人のための格調高い住まいとなっている。

IHコンロと一体化したダイニングテーブル。
「娘が孫をつれてきたときなど、様子をみながら
料理ができて安心です」と奥様。
テーブルの上の折り上げ天井は
柱と壁の収まりを美しく見せるための工夫。
ダイニングの床には、水にも強い
高級木材チークの無垢材を使用。

まるで料亭のような和室。
2間続きなので、大人数集まっても安心。

中央の堀りごたつは、昇降式。
使わないときには、このようにワンタッチで
フラットに収納できる。

Yさんが集めたお酒を見せながら収納できる棚。
棚にはLEDライトを設置し美しくライトアップ

ダイニングと続く和室。
ふだんは、ここで寛ぐことが多いそう。
小上がり部分は、ベンチ代わりに
腰掛けるにも便利だそう。
ここにも昇降式のコタツを設置。

洗面室からバスルームを見る。
天窓から燦々と光が降り注ぐ明るい空間。
右手の天井には、昇降式の物干しが設置されている。
「低い位置まで下ろして洗濯物を干せるので、とっても楽。
干し終わったら、天井近くまで上げれば洗面台を使う時も
邪魔になりません」と奥様。
天窓からの光で「洗濯物もすぐに乾くんです」。


玄関を入ると和風提案を望む大きな開口部。
左手の壁には天然石を貼って仕上げ高級感たっぷり。
右手には、大容量の収納を設置。

家族や友人と集まってバーベキューを
楽しみたいというご要望に合わせて
庭にはコンロとシンクを設置。
右手は、ガレージに続く扉。

6mの高さを持つ天井。天然石の壁。大理石の床。高級感あふれる美しい邸宅

「これまで夫婦二人で頑張ってきた、その証になるような家を建てたい」と家づくりを決意したYさんご夫妻。「娘は結婚して独立してますし、息子もそのうち結婚して家を出て行くのだから、私たち夫婦のためだけの家でいいかなと思って」と笑うYさん。
将来も考えて、建物は平屋を選択された。外観は一見、平屋には見えないが、その秘密は天井高6mものリビング。
「天井が高いので開放感があります。高い位置に窓を設けているので、光もたっぷり入ります」。床は本物の大理石、幅8mのテレビボードはマツシタホームの造作。その背面には、外観と同じ天然石を貼って高級感たっぷりの仕上がりに。
来客が多いYさんのライフスタイルを考慮して、玄関から入ってすぐに2間続きの和室を。襖を開け放てば、ひと続きの空間となり、お客様がたくさんいらしても対応できる。和室の奥には、ご主人が集めたお酒を飾りながら収納できる棚を造作。

「商売をしているので、家相にもとことんこだわって、図面を何度も修正してもらいました。私たちの意見、家相、それと暮らしやすさを、すべて考慮して根気強くプラン提案していただいた松下社長に感謝してます」と笑顔のYさんご夫妻だ。
| 20:01 | European | - | - |

Search this site